アイコン 第3チャクラ アイコン


第3チャクラは胃の辺りで身体の前後に開き渦を巻いています。
正確には太陽神経叢の位置にあり渦の数は10個です。
ちなみに渦の数は上にいくに従って増えるそうです。

第1チャクラでは自分が生きることに必死でした。
第2チャクラでは一歩進んで周りとコミュニケーションを取りながら
自分らしく豊かに生きる様になりました。
そして第3チャクラでは第2チャクラで模索した
自分らしさが確立され、自己の力を発揮します。

そして胃の所にあるチャクラですから
食べ物からエネルギーを得るのはもちろんですが
情報の収集も司るチャクラです。

さて、そんな第3チャクラの色は黄色。
胃液の色って何色かご存じですか?透明〜黄色と言われていますよね。

正確には黄色は胆汁に含まれるビリルビンの色なのですけど
十二指腸に分泌された胆汁が胃に逆流すると
胃液が黄色くなるというわけです。
ちなみに尿が黄色いのもビリルビンの色ですし
赤ちゃんに見られる黄疸の原因もビリルビンです。

私はいつまで経っても間接ビリルビンと直接ビリルビンが
どっちがどっちだったか覚えることができません(−−;

第3チャクラは胃の後ろにある太陽神経叢の位置にあると書きましたが
肝臓の辺りも第3チャクラのテリトリー(笑)なので
そこから分泌される消化液が黄色いというのは意味深に感じます。

しかし、どうせなら胃液も黄色ければ
もっとおもしろいのに。と思うのですが。。。
胃液には多くの塩酸(胃酸)が含まれますが
それが関係しているのでしょうか。。。

チャクラがもっと解剖学・生理学的な側面から
解明されていったらその辺りも分かるのではないかと
密かに期待しているんですけどねぇ。。。

さて、黄色のイメージは太陽の光、明るさ、輝き、目立ちたがり等々。
キラリと光る知性。なんて言い方もしますね。左脳の色でもあります。

第3チャクラは食物の消化吸収に関わるチャクラと書きましたが、
情報の処理・取得も司っています。
まさに左脳的。
そして頭を使いすぎると胃が痛くなる、と。

情報処理にエネルギーを使いすぎると
食物の処理に手が回らなくなるんですね。

また、第3チャクラがエネルギー過多な人は
自分の力を過信しすぎて他者と協力する(第2チャクラですね)
ことができず、一人で仕事を全部抱え込んで
「自分ばっかり忙しい」なんて言ってたりします。

仲間を信じず自分が自分が!って言ってる人って
プライドが高く、目立ちたがり屋で子供っぽい感じですよね。
まさに黄色のイメージです。

う〜ん。OL時代こういう人会社にいたなぁ。。。