アイコン ペパーミント アイコン


娘と私が二人して風邪気味で鼻づまり&少しの咳が出るので
今夜は寝室のディフューザーにペパーミントを入れました。

ペパーミントは本当は就寝時向けではないのですが
寝てる時の鼻づまりって辛いじゃないですか?
だから私はラベンダーとかとブレンドして使っちゃいます。

ペパーミントの学名はMentha piperita
抽出時期&部位は花咲全草で抽出方法は水蒸気蒸留法が一般的です。
花咲全草とは抽出時期が開花時で抽出部位は植物全体ってことです。

特徴成分はメンソールとメントン、1.8シネオールです。
メンソールはガムや歯磨き粉でおなじみの
あのスースーする清涼感の元である物質で
有機化学的にはモノテルペンアルコール類に分類されます。

メントンはケトン類ですが、毒性は殆ど無いと言われています。
一時期話題になったグレープフルーツの痩身効果の話。
あれはグレープフルーツ精油に含まれている
ヌートカトンがメントンと同じケトン類なのですが
ケトンには脂肪溶解作用があると言う説があり
そこから派生していたのですね。

でも、グレープフルーツ精油に含まれるヌートカトンって
検出できるか否か?!というくらい微量。
世の中に出回ってる99%以上のグレープフルーツ精油には
はっきり言って含まれていません!
じゃぁ、ペパーミントのメントンでどうなの?と思ったあなた。
ペパーミントは強い皮膚刺激を持つ精油なので
トリートメントへの使用は△なのです。
残念!

3つめの1.8シネオールは別名ユーカリ・プトールと呼ばれ
ヴィックス・ヴェポラッブに含まれているのが有名です。
余談ですが、一般的にユーカリの精油と言えば大抵は
ユーカリ・ラディアタとユーカリ・グロブルスなのですが
(ユーカリ・シトリオドラは効能が違い過ぎるので今回はパスします)
ユーカリ・ラディアタもユーカリ・グロブルスも
呼吸器に効くけど乳幼児にはラディアタ。
と言う風に覚えてるアロマセラピストさんも多いみたいです。

実際には、ユーカリ・ラディアタとユーカリ・グロブルスは似て非なる物で、
ラディアタは上気道(耳鼻咽喉領域)のトラブルに
グロブルスは下気道(気管支肺領域)のトラブルに向いた精油です。

本物の精油とはにも書きましたが、
こういう点からも「ユーカリ」としか書いてない精油が
いかにいい加減で信用できないかがわかりますね。
と言うか、こういうことがわかっていると正しく表記されていない精油は
使い方がわからないから使いようが無いので買う理由もありません。
これが知識の有無というものです。

で、ペパーミントの使い方ですが、
先ほども書いた様に強い皮膚刺激のある精油なので
全身トリートメントには向きませんが局所的に塗布することはあります。

また、目や鼻の粘膜を刺激するのでディフューザーで使う時も
必ず他の精油と混ぜます。

そして私にとってペパーミントは内服する精油です。
ヨーロッパでは精油を染みこませて飲む用のタブレットを
薬局で売ってるのですが日本ではそんなのは手に入らないので
蜂蜜に混ぜたり角砂糖に染みこませたりして内服します。

でも、マンガみたいに鼻と耳からバフンって空気が飛び出して
飛び上がるみたいにすごいメンソールが襲ってきますが。。。

肝臓の働きを良くしたり、胃腸の働きを活発にしたりするので
食べ過ぎ・飲み過ぎの後なんかも。
ご存じの通り強い清涼感があるので吐き気がある時、
乗り物酔いの防止なんかにもいいですね。

ただし、5歳未満の内服は絶対ダメです。
少量でも強い作用を及ぼす精油なので大人でも
長期服用は良くありません。

更に、ここが1番大切なんですけど、
内服するに足るだけの信用ある精油を使うこと。
その辺のデパートで売ってる精油は大抵ダメですね。
日本に於ける精油は雑貨ですからね。
お医者さんが病気の治療に使うような精油だけです。
つまり、本物の精油とはに書いたような精油です。

そして内服に限らず皮膚塗布だって芳香浴だって全ては自己責任です。
私はあなたと面と向かってアレルギーや体質について
細かく聞き取りをしたわけではありません。
この日記はあなたに精油の内服を薦めているわけでもありません。
あくまで、知識があればこういう使い方もできるんだよ、と
私の場合の話を書いているだけだと言うことを忘れないでください。

自己責任の下、内服をできるくらいの知識が欲しい方は
アルモニのスクールがお勧めです☆
私はここの卒業生からファーストコースの内容を習ったのですが
AEAJではアロマセラピストまで取得しても
教えてもらう事の無かった内容が盛りだくさんです。

☆重要☆
この日記は私が私の自己責任の範囲に於いて実践した
アロマテラピーについて紹介しているものです。
精油の使用は全て各自の自己責任に於いて実施してください。
何らかのトラブルが発生しても私は一切責任を負いません。