アイコン 精油の抽出方法 アイコン













装置が比較的安価な為最も多く用いられる抽出法です。

水蒸気蒸留装置

↑の様な装置を使い、水蒸気で原料となる植物の芳香成分を蒸発させます。
蒸発した芳香成分は水蒸気と供に冷却層を通り、ここで冷やされ液体に戻ります。
戻った液体の上部に浮いた物が精油です。
ちなみに下部の水にも水溶性の芳香成分が含まれており
芳香蒸留水(フローラルウォーター)とはこの水のことです。




主に柑橘系の精油を採るのに使われる手法です。
柑橘系の精油は熱に弱い為水蒸気蒸留法だと成分が壊れてしまいます。
その為原料(柑橘系の場合主に果皮)を圧搾(つぶす)ことによって
芳香成分を抽出します。
昔は人の手で圧搾してスポンジで吸わせていました。
柑橘類の皮を指でぎゅっとした際に飛散する液体と言うとわかりやすいと思います。

あれを10ml採ると言うと大変気の遠くなる作業の様に感じますが、
それでもオレンジなどはとても抽出率が良く精油の中でも安価に手に入ります。
つまり、それより高い精油はもっともっと抽出率が低いと言うことです。












有機溶剤を使用して抽出する方法です。
溶剤には主にヘキサン、石油ベンゼン、エーテルなどが使われます。
水蒸気蒸留法や圧搾法を用いると熱や圧で香りが変質してしまう物や
コストがかかり過ぎてしまう物に用いられます。
有機溶剤の中に原料を入れ有機溶剤に芳香成分を移します。

香りの移った液体から溶剤を揮発させてできたコンクリート
と呼ばれる物(常温で固形)にエタノールを加えて溶かし香りを移した後
エタノールを蒸発させると精油が残ります。
水蒸気蒸留法で抽出した精油と比べ熱で成分が壊れない為香りが強いのが特徴です。

有機溶剤は揮発させるので害はないと言う節もありますが
完全にゼロになっている と言う保証はない為
アロマトリートメント等の皮膚塗布はもちろん 内服にも使用できません。
芳香浴程度なら使えますが私は推奨しません。

有機溶剤抽出法で抽出された精油には
○○アブソリュートという名前が付けられています。
例えば、ローズの精油の場合ならローズアブソリュートや
ローズAbs.の様に表記されます。

ちなみに水蒸気蒸留法で抽出したローズはローズ・オットーという名称です。
ローズとしか表記されていないような(メーカーの)精油は信頼性に欠けると言えます。

また、有機溶剤抽出法で抽出した精油のうち、
原材料が樹脂の物はレジノイドと言います。
ベンゾインレジノイド、ベンゾインREG.の様に表記されます。








【冷浸法・アンフルラージュ法】
有機溶剤抽出法が一般的になる以前に用いられていた手法です。
40cm四方程度のガラス板に厚さ1cm程度の牛脂(ヘット)や豚脂(ラード)を塗ります。
このガラス板を原料に触れないように原料の上にかぶせます。
3〜6日かけて脂に芳香成分が移ったら材料を入れ替えるという作業を繰り返します。

数週間かけて脂に移った芳香成分が飽和状態になった物をポマードと呼び
このポマードにエタノールを混ぜて香りを移してから
エタノールを蒸発させて精油を得ます。
【温浸法・マセレーション法】
60〜70度に温めたヘットやラードに植物を浸し芳香成分を移します。
香りが脂に移ったら材料を入れ替え芳香成分が飽和状態になるまで繰り返します。
その後は冷浸法と同じ手順で精油を抽出します。














1970年代に開発された新しい抽出法です。
二酸化炭素やブタンのように常温では気体でも
圧力を掛けることで液体になる溶剤を使い
超高圧をかけて液体と気体の間の超臨界状態にした物を
原料に吹きかけて香りを移します。
これを再び気体化すると精油のみが残ります。
この方法で抽出した精油はファイトールという名前が付きます。
(例:ローズ・ファイトール)

有機溶剤抽出法の様に溶剤が残る心配もなく
(自然の状態で勝手に気体になる物質だから)
熱も加えないので成分の変質もないのが特徴ですが
設備が大がかりでコストがかかる為あまり一般化されていません。

また、二酸化炭素は炭酸ガスなので芳香成分が壊れると言う意見や
特定の精油に於いて水蒸気蒸留法では皮膚刺激のない精油がこの方法で抽出すると
皮膚刺激のある成分を含むとも言われています。